どういう教会を目指しているのか


 近江金田教会の主任牧師である横田明典牧師は、

創立以来4人目の牧師になります。


その横田牧師が赴任した

2000年の4月に開催されました定期教会総会において、

教会の目指すべき方向性についての文章が総会で図られました。

少し堅苦しい文章かもしれませんが、

教会の目指す方向について書かれているので、ここに紹介します。



●牧会基本方針

 近江金田教会に赴任することが決まって以来、

考えてきたことがあります。

教会の主任担任教師として遣わされるのならば、

牧師としてこれから仕える教会で何を指針とするのか、

あるいはどのような姿勢で牧会に臨むのか、

それを明確にしなければならないと考えてきました。


自分の中でも未消化の部分があり、

徐々に修正を加えなければならない部分もあるとは思いますが、

現在私が考えている指針(牧会方針)について

簡単にまとめてみたいと思います。

ただしこれから書き記す内容は、

私の第1期(4年間)の目指すところですので、

まずは私の提示する内容を受けとめていただいて、

これから共に考えていくことができればと思っています。


 あえて一つの言葉にまとめるとするならば


「共に歩む教会」


を目指したいと思っています。

「共に歩む教会」と言った場合には、

誰と(何と)共に歩むのか、が問題になります。

重なる部分もあるとは思いますが、

大きく3つに分けてみたいと思います。


 一つ目は「神と共に歩む教会」です。

近江金田教会は1昨年創立50周年を迎えました。

ヴォーリズ師の蒔かれた種は岡林牧師によって

この地に芽生え始めました。そして山下牧師、細川牧師を

始めとする数多くの人たちによって教会は成長してきました。


けれども「大切なのは、植える者でも水を注ぐ者でもなく、

成長させてくださる神です」(コリント毅魁В掘法


神の豊かな恵みと導きの中でこれまでの歩みがあったことを覚え、

感謝するとともにこれからの歩みの上に、

なおも神様の導きを祈り求めたいと思います。

祝福が与えられる教会でありたいと願います。

また、私たちが信仰の中心に神様をおくことを心がけ、

生活を営んでいくのと同時に、

たとえ悩みや苦しみの中にある時でも神様が

いつも私たちと共にいてくださることを信じ、

覚えていたいと思います。

そこに救いがあり、喜びを感じる教会の姿があるように思えます。


 二つ目は「人と共に歩む教会」です。
教会は「二人または三人がわたしの名によって集まるところには、

わたしもその中にいるのである」(マタイ18:20)。

と言われるように、人間による信仰共同体です。

その中に信徒がいて、牧師がいるのです。

専門的な分野で牧師は指導的な立場に置かれることもありますが、

神様から恵みを受けている人間にかわりありませんし、

その命の尊さにおいては全ての人が皆同じです。

教会に集まる人々が共に誠実な態度で聴き合い、

対話をし、祈り、お互いを支えあいながら

成長することができれば、と思います。

その中から私たちの進むべき道が開かれていくのだと思います。


 三つ目は「地域(社会)と共に歩む教会」です。

教会は天国ではなく、しっかりとこの地上に建っています。

地域や社会との関わりを持たなければ

開かれた教会にはなり得ませんし、

独善的な教会になってしまうこともあります。

かといってこの社会に埋没し、

迎合するだけの教会になってしまえば教会の

「地の塩」としての働きは失われていくでしょう。

近江八幡という土地で、もっと言えばこの日本にある教会として

「もっとも小さい者」と共に歩み、

「行ってあなたも同じようにしなさい」との言葉に

押し出される教会でありたいと思います。


 三つ書き並べましたが、決して優先順位があるものではありません。

どれもかけがえがなく、それぞれが支え合っているもので、

その全てをひっくるめて「共に歩む教会」でありたいと願っています。


戻る。